愛犬の爪切りが怖くてできない飼い主さんへ

毎日のお散歩でコンクリートを歩いている犬は爪が勝手に削れて行ってくれますが、小型犬の場合は体重が軽くて伸びすぎてしまうことがあります。

室内飼いの子は、特に伸びすぎてしまいます。

病院や美容室で切ってもらうこともできますが、毎回連れて行くと時間もお金もかかってしまいます。

そんな悩みを解決してほしくてサイト運営をしています!

セキセイインコ・フェレット・ミニチュアダックス2匹=計4匹のシェアハウス代表管理人『アニマル博士』と申します(^^)/

 

この記事では

愛犬の爪に関しての注意点

お家で爪切りに挑戦してみる!

爪を切り過ぎてしまった場合の対処法

以上の内容についてお話ししていくので、情報収集の1つとして参考にしてください♪

「スポンサーリンク」

愛犬の爪に関しての注意点

爪が伸びていくに連れてどんどん曲がっていってしまうのは知っていますか?

爪だけが伸びていくなら切ってしまえばいいんですが、厄介なのが爪の中にある血管も一緒に伸びてしまうんです。

そうなってしまうと、たとえ爪を切ったとしても適正な長さにならず危険なことが起きてしまいます。

カーペットやお洋服に引っ掛かって折れたり、根元から抜けてしまうと痛いだけでなく、歩くのに支障が出てしまうかもしれません。

フローリングの上を歩かせてみてカチャカチャと爪が当たる音がしたら切り時です。

見て判断するのであれば横から愛犬の足を見て、肉球と地面が接する位置より爪の方が下に出ていたら伸びすぎなので切ってあげてください(‘ω’)

 

お家で爪切りに挑戦してみる!

まず用意するのは爪切りです。

小型犬の場合はハサミ式のモノでも十分なんですが、大型犬や爪が硬い場合はギロチン式のモノをおすすめします(^^)/

ギロチン式の爪切りは持ち手の片方が固定されているので力が入れやすく、慣れていない初心者さんにはすごく使いやすいんですよ!

ニッパー式やハサミ式は切るときに力がいるので慣れていないならギロチン式が良いですね。

 

爪を切り過ぎてしまった場合の対処法

切り過ぎると、どうしても血が出てきてしまって怖くなると思うんですが、ペットショップなどに止血剤が売っているので心配しなくても大丈夫です(^u^)

爪切りを購入するときに止血剤も一緒に買っておくと安心ですね。

ここで豆知識なんですが、「止血剤買っておくの忘れたΣ(・ω・ノ)ノ!」なんて場合、お家にある”あるモノ”を使えば止血剤のかわりになるんです!

では”あるモノ”とはいったい何なんでしょうか?

答えは、片栗粉です(´∀`*)

爪切りに失敗して血が出てしまったら、血が出ている部分に片栗粉をつけてあげてください。

ですが、止血剤も片栗粉も応急処置なので「全然血が止まらない(;O;)」というときは病院で診てもらってくださいね(^u^)

 

今回伝えたかった内容は以上となります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^O^)