フェレットをお散歩に連れて行くためにしておかないといけないことは?

以前、フェレットも犬と同じようにお散歩に行けると言うお話しをしましたが、お散歩に連れて行く前にしつけをしないといけません。

今回は、お散歩に行くためのしつけについてお話ししていこうと思います(*´з`)

でも、しつけといっても何をしたらいいのでしょうか?

そんな悩みを解決してほしくてサイト運営をしています!

セキセイインコ・フェレット・ミニチュアダックス2匹=計4匹のシェアハウス代表管理人『アニマル博士』と申します(^^)/

 

この記事では

フェレットのしつけ|お散歩に行くためのしつけ

フェレットのお散歩についての誤解と注意点

以上の内容についてお話しするので、情報収集の1つとして参考にしてください♪

「スポンサーリンク」

フェレットのしつけ|お散歩に行くためのしつけ

いくら賢くて人間になついてくれるフェレットですが、お散歩に行くということは”外に出る”ことなので、きちんとしつけておかないといけません。

万が一のことを考えると大切なことなので、しっかり頭に入れておいてくださいね(ΦωΦ)

まずやっておかないといけないしつけは『名前を覚えさせること』です。

これはお散歩に行くときだけでなく、お家で狭い所に入り込んでしまった場合にも名前を呼んだら出てきてくれるようになります!

名前を覚えてくれれば、万が一リードを離してしまった時に名前を呼べば来てくれるので安心ですよね(´ω`*)

あとは、名前だけでなくフェレットの気を引くための合図も覚えさせておきましょう。

好奇心旺盛なフェレットは、すぐ他のモノなどが気になってしまいます。

無理にリードを引っ張るとハーネスからするりと抜けてしまう可能性もあるので、そうなってしまう前に合図を出した時に飼い主さんの方に来るようにしつけておくんです♪

名前や合図を覚えさせる方法なんですが、名前を呼んだらフェレットの好きなおやつ等をあげるのが1番良いと思います。

来ないからと言って怒ったり叩いたりしてはいけません。

せっかくしつけようとしているのに、フェレットにとって嫌なことがあると”嫌なこと”として認識してしまうんです(*_*)

名前を呼んだら逃げていくなんて悲しいですよね(;・∀・)

そうなってしまわないように気を付けてくださいね!

逆に、フェレットにとって嬉しいことがあればきちんと応えてくれるようになるで、根気よくしつけをしていきましょう。

 

フェレットのお散歩についての誤解と注意点

フェレットをつれてお散歩へ行く事に憧れている飼い主さんも少なくありません。

ですが、どの子でもお散歩に連れていけるワケではないんですよ( ..)φメモメモ

フィラリア予防、狂犬病の注射、フェレットのしつけなどをしてからじゃないと、お散歩に連れて行くことは難しいんです。

フィラリアの予防や年に1度の予防接種をしておかないと、大切なフェレットが病気になってしまいます。

そうなってしまったら元も子もありませんよね(/_;)

お散歩に連れて行きたいなら、色々なことをきちんと管理してあげてください!

 

今回伝えたかった内容は以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^O^)