フェレットにがハンモックで寝るのはなぜ?

フェレットといったらハンモック!と言っていいほど寝るときにハンモックが欠かせないフェレットがほとんどです。

逆に寝るときにハンモックを使わないフェレットの方が珍しいですね(‘Д’)

では、どうしてフェレットは寝るときにハンモックを使うんでしょうか?

そんな疑問を解決したい!という思いからサイト運営をしています。

セキセイインコ・フェレット・ミニチュアダックス2匹=計4匹のシェアハウス代表管理人『アニマル博士』と申します(^^)/

 

この記事では、フェレットハンモックを使うのはなぜ?という疑問を解決するために

フェレットがハンモックを使う理由

フェレットのハンモックお手入れ方法

フェレットのハンモックを使う時の注意点と失敗談

以上の内容についてご紹介していきますので、情報収集の1つとして参考にしてみてください♪

「スポンサーリンク」

フェレットがハンモックを使う理由

フェレットがハンモックで寝る理由としてあげられるのがゆらゆらと揺れながら寝るのが気持ちいいからではないかと思います!

フェレットは比較的、抱っこされたりカバンやポケットに入れられるのが好きな子が多く、そんな感じで寝るときもハンモックだと寝心地が良いんじゃないでしょうか?(^O^)

 

フェレットと添い寝?実は危険な注意点1.踏む

人間と同じベッドで一緒に寝る子もいるみたいなんですが、実はとても危険なんです!

病気になるとかいう以前に、大きさを考えてみてください…

人間とフェレットは大きさが全然違います。

寝ていたら、寝返りもうったりしますよね?

フェレットは、つついたりハンモックを揺すっても気づかないくらい熟睡するとなかなか起きないんです(; ・`д・´)

なので、飼い主さんが寝返りをうった時に熟睡をしていたら避けれずに潰れてしまう可能性があるんです!

一緒に寝たはずなのに、起きたら動かなくなっていたなんて悲しいですよね(>_<)

寝転がって遊んだり、本を読んだりしている間だけの添い寝なら問題ありませんが夜に寝るときは、ケージに戻した方が良いですね(*_*)

 

フェレットと添い寝?実は危険な注意点2.いたずら

寝てる間にベッドにうんちされた!なら可愛いから許せますがフェレットは、とてもイタズラ好ききで好奇心旺盛な動物です。

そのため、コードとかの危険な物でもかじったりします(^^;)

飼い主さんが寝ている間にフェレットの目が覚めてしまった時の事を想像してみましょう…

ありとあらゆる物をかじって落ちていた小物を飲み込んでしまったり、フェレットが食べてはいけない物を食べてしまったり(>_<)

飼い主さんは寝ているので気づきませんよね?

ということは、起きた時にケロっとしていても変な物を食べてしまっていた場合フェレットが危険な状態になって苦しみ始めるまで気付いてあげられないんです。

「あのときケージに入れておけば…」と後悔するくらいなら、寝るときは最初からケージで寝かせるようにしましょう!

寂しいですけどね(´;ω;`)

 

フェレットのハンモックお手入れ方法

フェレットは本当によく寝る動物です(´ω`*)

ということは、ハンモックをよく使うということなので、もちろんすぐに汚れてしまいますよね。

 

トイレに行ったあと、フェレットは手を洗わないし全身に毛が生えているので毎日何本もの毛が抜けます。

それがハンモックに付着するので長い間放置するということは、とても不潔なんです。

ベッドや布団のシーツを洗ったり、敷布団を定期的に外に干すのと同じようにフェレットのベッドであるハンモックも定期的に洗ってあげましょう!

 

ハンモックの手入れ方法1.お洗濯

手で揉んで洗うのが1番ハンモックが傷みにくい洗い方なんですが我が家には犬もいるので、外に洗濯機が置いてあるので洗濯機で洗ってます!

お洋服に毛がつくのが気にならないなら、人間と同じ洗濯機で洗ってもOKです♪

ただ、相当毛が抜けているので、お洋服と一緒に洗うのはやめた方が良いです。

けっこう汚れてるので、いくら洗剤を入れて洗うからと言っても気になりますよね(^^;)

フェレットは、ハンモックを寝る事だけでなく、遊ぶことにも使うのでホリホリ(掘る)したりゲシゲシ(蹴る)したりと、そりゃもう激しい感じで(笑)

すぐボロボロになってしまうので、タイミングを見つけて買い替えてあげてくださいね(^O^)

 

ハンモックの手入れ方法2.コロコロ

洗濯機で洗いすぎるとキレイになるとはいえ、やっぱり傷んでしまいます。

洗いすぎもハンモックに良くないので、何日か置き(毎日が理想)にコロコロをしてあげると、全然違ってきます!

とりあえず毎日毛が抜けるので、コロコロをすれば取り除けます(*’ω’*)

便利なので、一家に1つはあっても良いと思いますよ♪

 

フェレットのハンモックを使う時の注意点と失敗談

ハンモックは消耗品なので、ボロボロになったら新しいのと取り換えなくてはいけません。

ハンモックでの遊び方が激しいフェレットを飼ってるなら頻繁に購入しないといけませんよね?

コスパを良くしたいなら、買わずに手作りのハンモックでも良いんですよ(^^)/

 

ハンモックの注意点と失敗談1.大きさ

売っているハンモックなら、大きさは気にしなくても大丈夫です。

ですが、ハンモックを手作りする場合は大きさを間違えたら二度手間になってしまいます(^^;)

布を切る前にしっかり採寸しておきましょう!

小さすぎるとフェレットが乗れないし、大きすぎるとケージにぶら下げれませんよね( ;∀;)

私は、作ろうとしたけどサイズを間違えたので諦めました♡(笑)

 

ハンモックの注意点と失敗談2.形

形はどんなでも構わないんですが、フェレットは狭い所に潜り込むのが好きなので、二重にして穴をあけてあげると喜びます(´ω`*)

ただ、穴が小さすぎると中に入れないので気を付けてください!

穴が大きい分には問題ないと思うので、少し大きめに設計することをおすすめします♪

 

ハンモックの注意点と失敗談3.素材

フェレットには爪があります。

いくらこまめに爪切りをしていても、やっぱり引っかかってしまうので爪が引っかかる素材だとちょっと危ないですね(>_<)

フェレットが無理に取ろうとして、爪が折れたり手の骨が折れてしまう危険もあります。

素材選びには気を付けましょう!!!

 

フェレットがハンモックで寝てる姿は、本当に本当に可愛いです♡

ハンモックが凶器になってしまわないように気を付けましょう。

 

今回の記事でお話ししたかった内容は以上となります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^O^)