知らないと怖い鳥インフルについて

最近また鳥インフルエンザが流行りだしましたね…

「聞いたことはあるけど、実際どんな病気なのかわからない。うちの子は大丈夫かな?」「鳥インフルかもってだけで、どうしてたくさんの鳥が処分されちゃうの?」と悩んでいる飼い主さんも少なくありません。

そんな悩みを解決してほしくてサイト運営をしています!

セキセイインコ・フェレット・ミニチュアダックス2匹・猫=計5匹のシェアハウス代表管理人『アニマル博士』と申します(^^)/

この記事では

世間は騒いでるけど、鳥インフルって何なの?

鳥インフルエンザから自分自身を守るための注意点

以上の内容についてお話ししていくので、情報収集の1つとして参考にしてください♪

「スポンサーリンク」

世間は騒いでるけど、鳥インフルって何なの?

“インフルエンザ”という言葉はご存知ですよね(^u^)

そうです、タミフルなども話題になったアレです(笑)

なんですが、インフルエンザに”A型”や”B型”があるように鳥インフルエンザという種類があるんです。

なので、鳥インフルエンザのウイルスが人間に感染した場合も”鳥インフルエンザ”と診断されるんですよ!

鳥インフルエンザのウイルスなんですが、自然界ではアヒルやカモなどの水鳥を中心に多くの鳥類が腸内に保有しているらしいんです。

では、どうしてこんなにも話題になるのでしょうか?

なんだかややこしい話になってしまって申し訳ないんですが、鳥インフルにもいくつかあって感染してしまった鶏が高確率で命を落としてしまうようなモノを”高病原性鳥インフルエンザ”と言います(゜レ゜)

最近鳥インフルエンザが流行ってきて、ニワトリなどがたくさん処分されてしまっているのは、この高病原性鳥インフルエンザが大流行してしまわないようにするためなんですね( ..)φメモメモ

こんなに恐い病気なんですが、人間にうつる危険性はあるのでしょうか?

 

鳥インフルエンザから自分自身を守るための注意点

普通に過ごしているだけではまず感染しないと言われているんですが、感染した鳥と濃厚に接触した場合まれに人間に感染してしまうことがあるそうです。

濃厚にって言っても、鳥インフルになってしまった鳥や死骸やその内臓、排泄物などに濃厚に接触した場合なので「動物園で鳥見たから鳥インフルになっちゃった(/_;)」なんてことはまずないと思います。

また、鳥インフルエンザに感染してしまった人を看病した人(身内や家族)など、患者さんと長い時間接触した場合にその人も感染してしまいます。

鳥インフルエンザは新型インフルエンザではなくて、インフルエンザウイルスを病原体とする鳥の感染症のことを言うんですが、すごく怖いことが起きてしまう可能性があります。

先ほどお話しした通り、鳥インフルエンザ=インフルエンザだけど鳥の感染症ということなんですが、鳥インフルのウイルスが鳥や人間の体内で突然変異してしまったとしましょう。

変異したウイルスが、人間から人間に感染するウイルスになった=新型インフルエンザということになるんです。

新型インフルエンザになってしまうと、そのウイルスに対する予防薬などが開発されるまで時間がかかるので、完全に安心することが出来ません。

日頃から手洗い・うがいをして、最低限の予防だけでも心がけるようにしてくださいね(‘ω’)ノ

 

なんだかとても難しい話になってしまいましたが、今回伝えたかった内容は以上となります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^O^)