食べ物でインコを苦しませないように注意すること

手乗りになるほど人間になついているインコは、飼い主さんが食べているモノに興味津々で一緒に食べようと寄ってきます。

「可愛いーーー((ノェ`*)っ))タシタシ」といって、同じ食べ物を与えてしまう飼い主さんも少なくありません。

でもそれって本当はすごく危険かもしれません…

そんな悩みを解決してほしくてサイト運営をしています!

セキセイインコ・フェレット・ミニチュアダックス2匹=計4匹のシェアハウス代表管理人『アニマル博士』と申します(^^)/

 

この記事では

絶対与えてはいけない食べ物

市販のエサで命を落とすことも…

 

以上の内容についてお話ししていくので、情報収集の1つとして参考にしてください♪

「スポンサーリンク」

絶対与えてはいけない食べ物

犬や猫など他の動物にも言える事なんですがチョコレートやコーヒー、ネギなどの他にも与えてはいけない食べ物がいくつかあります。

知識を入れておかないと大切な家族を失ってしまうかもしれないので注意して読んでいってください!

人間の食べ物は基本的に、どれも味が付いていたりするので体の小さなインコちゃんが食べてしまうと、最悪の場合命を落としてしまうこともあるんです。

さきほどチラッと出ましたが、チョコレートやカカオ、コーヒーに含まれる”カフェイン”は体の小さな動物からすれば猛毒なので絶対に与えないようにしてください。

ネギ、ニラ、にんにくは刺激がとても強く、中毒症状を引き起こしてしまうので口に入れてしまわないよう注意しましょう。

ジャガイモの芽に含まれるソラニンも有毒物質で、アボカドに含まれるペルシンという毒素も小鳥にとっては猛毒なので絶対に与えないでくださいね( ..)φメモメモ

それと、アルコールも危険です!

人間でも短時間にたくさんのアルコールを摂取すると急性アルコール中毒になってしまいますので、小さなインコちゃんは少し舐めただけでも歩行困難などの症状が出てしまう可能性もあります。

スナック菓子も塩分や糖分が高く、食べてしまうと危険なので気をつけましょう。

最後に、わたしたちが普通に食べている麺類やごはんつぶですが、粘性が高いのでカビになりやすいため、そのう炎の原因になってしまいます。

このように、人間が普通に食べている物がインコちゃんにとって命を奪われるほど危険なモノでもあるんです。

人に慣れているインコちゃんほど飼い主さんが食べている物が気になって欲しがります。

ものすごく可愛いし、ついついあげたくなってしまうんですが、そこはグッと我慢しましょう(;´Д`)

 

市販のエサで命を落とすことも…

実際に経験したことはないんですが、栄養剤や市販のエサも注意して選ばないと危険な状態になってしまう可能性があります。

ペットショップやホームセンターで売られているエサやおやつ、栄養剤などの中には賞味期限が記載されていない物もあります。

あなたも賞味期限が書いてない物は食べるのをためらいますよね?

また、栄養剤に関してなんですがビタミンは熱に弱いので温度管理をするべきだと思うんですが、賞味期限の記載もなく常温で長期間保管されている物なんて怖いですよね(;・∀・)

ただ、そういったことを考え始めるときりがないし、与えられるものに巡り合えない可能性もあります。

困った時は獣医さんに相談して、その子に合ったモノを与えてあげましょう(´∀`*)

 

今回伝えたかった内容は以上となります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^O^)