犬は寒さに強い?弱い?この時期の寒さ対策とは…

犬寒い

最近すごく寒くなってきて、朝と夜は寒くて震えちゃうほどですね(;´Д`)

夏から秋に変わって、これからもっと寒くなるんですが愛犬の寒さ対策は何をしたらいいんだろう?と悩んでいる飼い主さんも少なくありません。

そんな悩みを解決してほしくてサイト運営をしています!

セキセイインコ・フェレット・ミニチュアダックス2匹=計4匹のシェアハウス代表管理人『アニマル博士』と申します(^^)/

 

この記事では

あなたの愛犬は寒さに強い?

ケージに一工夫で愛犬を寒さから守る!

以上の内容についてお話ししていくので、情報収集の1つとして参考にしてください♪

「スポンサーリンク」

あなたの愛犬は寒さに強い?

人間より体温の高いワンちゃんは、基本的に寒さに強いと言われていますが、全てのワンちゃんが寒さに強いとは限りません。

大型犬や小型犬、子犬や老犬、病気になってしまったワンちゃんなどでも違ってくるんです。

寒さに強い犬と言えば”ダブルコート”といって、被毛が二重構造になっているワンちゃんで、寒い国が原産のワンちゃんがあげられるんですが、日本でペットとして多く飼われている犬種をあげていきますね!

ダブルコートの主な犬種

コーギー、ポメラニアン、シェットランド・シープドッグ、スピッツ、ボーダー・コリー、柴犬、秋田犬、ミニチュア・シュナウザー、シベリアン・ハスキー、ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバーなどです。

四季の寒暖差がはっきりしている日本が原産のワンちゃんはダブルコートの犬種に属します!

被毛が一重構造で”シングルコート”と言われる、寒さに弱いワンちゃんもいます。

シングルコートの主な犬種

ミニチュア・ダックス(スムース)、ボクサー、ヨークシャー・テリア、マルチーズ、チワワ、プードル、グレーハウンド、グレート・デーン、パピヨンなどです。

あなたの愛犬は”ダブルコート”と”シングルコート”どちらでしたか?

また、室内で暮らしているワンちゃんは外気にさらされることが少なく、体温調節が上手くできず寒さに弱くなってしまう子もいるんです。

シングルコートのワンちゃんは、特に寒さ対策が重要になるんですが、何をしてあげればいいのでしょうか?(*´з`)

 

ケージに一工夫で愛犬を寒さから守る!

寒さに弱いワンちゃんは比較的、室内で暮らしている子が多いんですが、少し工夫するだけで大切な愛犬の寒さを和らげてあげることが出来るので試してあげてください!

飼い主さんと一緒に居るとき(同じ部屋で過ごしている時)は快適な温度になっていることがほとんどだと思いますが、違う部屋で過ごしていたりお留守番させている時などは部屋の温度が下がってしまい、愛犬がさむがっているかもしれません。

ということで《ケージにひと工夫》をして寒さ対策をしましょう(^u^)

ケージと壁の間にダンボールを挟んであげることで、寒さを和らげることが出来ます。

あとはケージを覆うように、上から毛布などをかけてあげると寒い空気をシャットアウトできるのでおすすめです(*´з`)

それでも寒がる場合は暖かい素材の布やクッションを入れてあげると安心です。

これからもっと寒くなってくるので、ヒーターを用意するなどして愛犬を守ってあげましょう♪

 

今回伝えたかった内容は以上となります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^O^)